^

情報

一般外科医学博士、教授、胸部外科専門医、イスラエル外科学会会員、ヨーロッパ内視鏡外科学会、アメリカ胸部外科学会。

彼はイスラエルのBen-Gurion大学(Negev)を卒業しました。

教授Alon Ben-nun は最大のイスラエルの診療所の1つの胸部外科の部長、食道、肺および縦隔の内視鏡的(最小侵襲的)手術の実施を含む(年間数百の外科的介入を実施することを含む)広範囲の実際的経験を有する。

Ben Noon博士は最も権威のあるイスラエルの診断医の一人として認められ、彼の専門分野に関する研究に従事し、科学論文とモノグラフを発表し、国際医療フォーラムに参加しています。

イスラエル保健省から卓越した臨床的業績に対して授与され、医学分野における卓越した業績に対してイスラエル大統領の名誉ある賞を受賞しました。

彼はヘブライ語と英語を話します。

プロフィールオン Researchgate

教育と実務経験

  • イスラエル、ベエルシバのベングリオン大学で医学教育
  • イスラエル、ハイファのランバム病院での一般的なインターンシップ、胸部および心臓手術
  • ヨーロッパとアメリカ最大の診療所での高度なトレーニング

国際機関への入会

  • イスラエル医師会
  • イスラエル外科学会
  • 欧州内視鏡外科学会
  • アメリカ胸部外科学会
Translation Disclaimer: The original language of this article is Russian. For the convenience of users of the iLive portal who do not speak Russian, this article has been translated into the current language, but has not yet been verified by a native speaker who has the necessary qualifications for this. In this regard, we warn you that the translation of this article may be incorrect, may contain lexical, syntactic and grammatical errors.
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.