^

第4血液型の食事:体重を適切に減らす方法

、医療編集者
最後に見直したもの: 20.10.2021
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

4番目の血液型の食事は、他のグループの人々とはまったく異なります。これはその特色です。どのように血液の第4グループのための食事療法で体重を減らすために?

trusted-source[1], [2]

ダイエットの特徴

機能番号1。4番目の血液型はすべての中で一番若いので、それを持つ人は、他のグループの代表者よりも食事の変化に適応しやすくなります。免疫系が気候、食事、身体活動の様々な変化を非常に迅速に「キャッチ」するため、第4血液型の代表者が感染しやすい傾向があることを考慮する必要があります。

第4血液型の食事

したがって、第4血液型のメニューでは、免疫系の強化に役立つより多くの製品、特に柑橘類(組成物中の有名なビタミンC)を含める必要があります。

機能番号2。彼らの変化に対する過敏症のため、第4の血液型を有する人々は常に食物を摂取することができず、第1の血液型を有する人には推奨される。例えば、ふすまのある肉またはパン。硬質である製品は、胃腸管の状態に悪影響を及ぼし、柔らかい壁にさえも刺激する可能性があります。

したがって、このような人々は、急性、塩辛い、喫煙していなくて控えめな食生活を守る方が良いです。

機能番号3。第4血液型の代表者は、心血管疾患を有する可能性が高い。したがって、食事には、心筋の働きをサポートする製品が含まれている必要があります。レーズンやドライアプリコットなど。

癌の予防に大きなヘルパー - また、このカーストの代表する傾向がある癌の犠牲者、なることを避けるために、ダイエットは体からの放射性核種、およびトマトの結論に貢献する緑のカボチャを含めるべきです。

機能番号4。第4の血液群の代表者は、主に胃液の酸性度が低い人々である。そのため、彼らの体は肉、特に赤や脂肪の品種を消化するのが難しいです。

あなたが知っているように、消化不良の製品は後に脂肪沈着の形で延期されます。なぜ余分なポンドが必要ですか?医師の勧告に従うこと、および比較的容易に消化される、マトン、ウサギ、および七面鳥以外のダイエット肉から除外することがより好ましい。

機能番号5。血液の第4群の荒い肉の欠如は、魚やシーフードを完全に補うことができます。栄養士が食事に含めること、代謝を強化すること、血流を豊かにすることが非常に推奨されるこの食品。

第4血液型の人々

この高貴な原因でも緑のサラダ、海藻、乳製品と酸っぱい乳製品、果物を助けるでしょう。彼らは、よりスリムになり若く見えるように、美味しく十分な栄養を手助けします。

機能番号6。第4血液型の代表者には、血液中のインスリン産生を遅くし、代謝を阻害する食品があります。したがって、それらは脂肪沈着の増加に寄与する。

このそば、トウモロコシ、豆、小麦とその製品と豆。第2の血液型の人々がこれらの食べ物を食べて体重を減らすことができれば、そばや豆の食事をしている4番目の血液型の代表者は、逆に回復し始める可能性があります。これらの製品は他の製品に置き換えられやすく、同化しやすくなります。

trusted-source[3]

血液型4の方におすすめのメニュー

あなたが良くなりたくない場合は、ダイエットソーセージ(特に燻製)、ベーコン、ハム、種子、トウモロコシとその製品、そばと胡椒から除外します。

高麗人参の根、バレリアン、サンザシの実、ビタミンCの両方のシトラスと個々のビタミンの形で体の栄養補助食品に非常に良い。ビール酵母に入っている亜鉛とセレンで体をサポートすることもできます(錠剤は薬局で販売されており、安価です)。

体に肉製品からではなく、必要な物質を受け取ったら、メニューに豆腐(十分な大豆たんぱくを含む)と好みの新鮮な野菜を入れてください。

私たちのアドバイスで簡単に体重を減らしてください!あなたの血液型を考慮して、あなたの体に耳を傾けてください。経験豊かな栄養士の希望と推奨は、体重減少と回復のために最適な食事を作るのに役立ちます。

Translation Disclaimer: The original language of this article is Russian. For the convenience of users of the iLive portal who do not speak Russian, this article has been translated into the current language, but has not yet been verified by a native speaker who has the necessary qualifications for this. In this regard, we warn you that the translation of this article may be incorrect, may contain lexical, syntactic and grammatical errors.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.